So-net無料ブログ作成
検索選択

レベルファイブのプライベートショーに行ってきました。 [ゲーム]

image-20111018083413.png
今日はレベルファイブのプライベートショーに行ってきました。

本当は昨日行く予定でしたが、昨日は天気が悪かったので今日行くことにしました。

東京ビッグサイトの1フロアを借りきってのプライベートショーなので気合い入ってます。

東京ゲームショーではブースのサイズが狭くて嫌だったからこういうショーを開いたのでしょうかねσ(^_^;)

そしていざ会場へ。

日曜日の午後2時くらいだったので人はめちゃくちゃ多い訳じゃありませんでしたが、それなりにたくさんいました。

人気のあるゲーム試遊台は45分待ちとか結構盛況でしたね。

ダンボール戦機や二ノ国、イナズマイレブンが人気で、1000人収容のライブステージでは、イナズマイレブンの声優が出演されたのですが、子供よりも声優ファンの女性の歓声がすごかったです。

試遊はまずPSP版の「機動戦士ガンダムAGE」をプレイしました。

でもそれは試遊ではなく全て自動で動くデモプレイのみでした。

あとダンボール戦機そっくりなシステムのような気が…。

それから今一番期待している「ニノ国」をプレイしてきました。

こちらは感覚的には、ドラクエスタジオジブリ作品の雰囲気(一番近いのは「ハウルの動く城」かな)を加えたような感じです。

世界を冒険して行く感覚、戦闘の雰囲気、僕的には久しぶりな(それこそドラクエ8以来)感覚が蘇ってきました。

他にも有名クリエイターを起用した作品など、新作も目白押しでした。

レベルファイブの勢いを感じましたね(⌒▽⌒)
image-20111018083429.png

ゲーム「DRAGON AGE」をプレイしています。 [ゲーム]




ゲーム「DRAGON AGE」をプレイしています。
 
以前に「フェイブル2」をプレイしてクリアしたのですが、しばらくダークなRPGをやっておらず久しぶりにプレイしたいと思い買いました。
 
このゲーム、難易度はノーマルでやっているのですが、意外とそんなに難しくありませんでした。
 
以前に「Ever Quest II」をやっていて洋ゲーRPGのセオリー的なものの知識を得ていたのが功を奏したのかもしれません。
 
もちろん死ぬ時は死にます。
 
アクションではないのですが、自動戦闘でリアルタイムに進行するので、油断すると死にます。
 
また回復手段がまだアイテムでしか出来ない上にパーティメンバーが自動で回復してくれる事がないので(回復魔法を覚えればその限りではないと思うのだが)ほったらかしには出来ません。
 
ストーリーとしては洋ゲーRPGにしてはまだ理解できる方ですね。
 
ただ難点はボイスが全て英語な上、日本語字幕の流れる時間が早くて文章全部を読めない事が多々あります。
 
文章はログとして後で読めたり、また用語集がかなり充実しているので、そこを読めば大体の事が理解できるからまだ大丈夫ですね。
 
イベントシーンもなかなかよく出来ていて、まるで映画を見ているかのようです。
 
プログラム的にはアラが目立ちますが、その他の部分が良くできているので気にならなくなります。
 
洋ゲーRPGファンならずとも、JRPG好きにもお勧めです。\(^o^)/

東京ゲームショウに行ってきました。 [ゲーム]

今日は幕張メッセで開催された東京ゲームショウに行ってきました。

日本のゲーム業界はだんだんと縮小傾向にあるということで寂しい限りなんです。

ゲームショウ自体も 十年前と比べても規模が小さくなったと実感します。

大手のパブリッシャーである「LEVEL-5」は来月に独自にプライベートショーをやることもあり、ちょっと寂しいですね。 

それでも密度は濃くなっているように思いました。

ゲームの多様性が多くなり、パソコン携帯電話・スマートフォンの展示が多くなっていました。

特にGREEのブースがSCEと匹敵するほどに巨大なのはびっくりしました。

周辺機器なんかも何点か展示されていて、3D関連のが多かったですね。

そして目玉は「PlayStation Vita 」のプレイアブルでしょうな。

60~90分くらいの待ちだったので僕は諦めました。

とりあえずVitaだけの展示があったのでじっくり見てきました。

デザインはなかなか良くて、カラーも充実していていい感じです。

それにしても今回の東京ゲームショウ、事前にインターネットから登録出来るということで楽に入れるかと思いきや事前登録した人がめちゃくちゃいて、結局会場に入るまでに1時間半くらいかかりました。

当日登録した方が早いくらいでした。

もうちょっと何とかして欲しい(; ̄O ̄) 

PlayStation Vita発売日決定。 [ゲーム]

今日はSCEのプレスカンファレンスがあり、 PlayStation Vitaの発売日が発表されました。

12月17日ということで意外と早く出ると思いました。

ロンチタイトルとしては3DSの時よりは充実していますかね。

僕は「みんなのGOLF6」をやってみたいですね。

逆に言うと今のところそれしかやりたいゲームがないのですが、期待の出来るハードだと思うので買うかもしれません。

おもちゃとしても面白そうだし\(^o^)/ 

GREEの勢いがすごい。 [ゲーム]

最近のGREEの勢いがすごいですね。

GREEと言えば携帯電話スマートフォンで気軽に出来るソーシャルネットワークゲームで有名な企業です。

ソーシャルなので多くの人とコミュニケーションをとったり協力してゲームをプレイしたりと、スタンドアローンタイプなゲームとはタイプが違います。

ビジネスモデルも違うので比較はできないのですが、ゲーム企業としてはすごい成長ぶりですね。

最近は大手のゲーム会社もGREEにゲームを提供したりしていて、GREEの経営の腕もすごいんだとおもいます。

ただそのビジネスモデルやゲーム開発の仕方には問題もありそうですね。

課金の仕方やそれについての広告等で一時期問題になり、国から注意を受けたことがありました。

ビジネスモデルとしては、パッケージを売らずにダウンロードのみで、ダウンロード自体も無料。

全てはアイテム課金、つまりゲーム中に出て来るアイテムをリアルマネーで買うこと、で成り立っているわけです。

ゲーム内容が面白くて濃い物だったら僕も納得するのですが、基本シンプルで単調でコレクション要素が主だったシステムなのでどうも僕は受け入れることができません。

しかもアイテム課金で、このアイテムは物理的に存在せず全ては電気信号なわけです。

スタンドアローンみたいに人の心に残るのならまだいいのですが、う~ん(~_~;) 

それから開発の内容についても以前に問題が起きてニュースになっていました。

話をいろいろ聞いていると、僕が一番最初に入ったゲーム会社の惨状を見ているみたいです。

予算は安い、開発期間は短い、クライアントが厳しい、こちらの意見を聞いてくれない…。

開発している人々の想いはどんなんでしょうね。

GREEはどこに行き着くのでしょうか(◎_◎;) 

ドラクエはWii、モーハンは3DS。 [ゲーム]

9月5日にドラクエXがWiiとWiiUで、しかもオンラインMMORPGになることが発表されました。

そして本日発売のファミ通で、モンスターハンター3(tri)が3DSで発売されることが発表されました。

しかも3DSにアダプターを取り付けてもう1つアナログパッドを増やしてプレイするとか。 

それぞれ衝撃的な発表だったわけですな、悪い意味も含めて。

ドラクエがオンラインとなって果たしてシングルプレイが出来るかどうかが問題です。

もしオンライン専用となるとユーザがどこまでついてくるのやら。

Wiiとなると子供もたくさん持っているわけで、その何パーセントのWiiがネットにつながっているのやら。

そして課金はどうするのか。

もし月額なりアイテムなりで課金するとなるとまず子供はやらないでしょうな。

モーハンはさすがというか、まさかアナログパッドを増やすとは思いませんでした。

tri(トライ)の移植ということですが、3Dになるしまた売れそうですね。

PlayStation3のHDバージョンも初週は30万近く売れたし、モーハン人気はまだまだ続きそうです。

それだけ売れるといいですよねー。

ボーナスもすごいんだろうなー(-。-; 

ゲーム「ダンボール戦機」のBGMが熱い! [ゲーム]




少しずつプレイしているPSP用ゲームダンボール戦機」。

最近はうちの大画面テレビに映してプレイすることも多く、BGMも大音量で聞いているのですが、そのBGMが熱くてかっこよくてかなり気に入っております。

40代の僕としては初代ガンダムやその後のロボットアニメをリアルタイムで見ていたので、その頃のアニメのBGMなんかを思い出して胸が熱くなります。

ダンボール戦機は子供向けなゲームなのですがBGMは意外と(失礼)しっかり作られていて、雰囲気としては魔神英雄伝ワタルとかに似ているかな?

中にはエヴァっぽかったりして、それもまた熱くさせてくれます。

ホントまじでサントラCD早く出ないかな。

FF13 零式を見たのだが。 [ゲーム]

FF13 零式の体験版を見ました。

グラフィックはすごいですね。

エフェクトなんか業界で一番じゃないですかね。

さすがスクエニ。

でもいただけないのがカメラ

カメラの動きに滑らかさがないし、ワープすることも多い。

壁際で戦っていたら自分も敵も位置関係がまるっきり分からなくなるのはどうなのよ。

普通に敵を攻撃している時なんかもちょこちょこカメラが動く。

主人公のモーションに合わせてカメラが追随しているのだが、そこまで厳密に追尾しなくてもいいと思う。

戦闘システムなんかは新しそうなのだが、ちょっと煩雑で分かりにくいので辛そう。

グラフィックがきれいなだけに何か残念。

唯一良かったのはFFのテーマ曲がBGMに使われていたこと。

FF13ではそれまでのFFの曲が一切使われなかったので、そこだけ結構評判が悪かったの。

さてさて、売れるかどうか( ;´Д`)

任天堂の株が下がっておりますが。 [ゲーム]

任天堂の株が下がっています。

3DSの販売不振と円高が大きく響き、4~6月短期決算で赤字となってしまったのが主な原因のようです。

また3DSの今後のラインナップの期待薄、突然の3DSの値下げ、Wiiの低迷っぷりなどなど、ここ最近の任天堂はいまいちな感じです。

鳴り物入りで発売した3DSが鬼門だったのでしょうかねぇ。

3DSは確かに新しい「立体視」とグラフィックの強化がうりだったわけですが、立体視にしたことによって解像度が横半分になる上に画面が小さいので、グラフィックの強化の意味があったのか?と思います。

また立体視自体目新しいものですが、すぐに飽きられてしまったのでしょう。

事実、立体視機能がついたテレビのがものすごく売れているかというとそうでもない。

ソフトウェアがそれなりにそろってきた(3D対応のブルーレイゲームなど)けど、そこまで重要なファクターではないということでしょうね。

任天堂と言えば昔「ヴァーチャルボーイ」という立体視ゲーム機を発売して失敗しているので、立体視そのものが鬼門だったのかもしれません。

次世代機「Wii U」が発表されたわけですが、次もどうなんですかねぇ。

手元のコントローラに携帯ゲーム機のように液晶画面がついているわけですが、操作できるのは一人だけ。

しかもそれを持ち出して外でゲームとかは出来ません。

新しい遊びを追及しているんでしょうけど、いまだどのような使い方をすべきかよくわかりません。

さてどうなるやら。

ゲーム「パタポン2」をプレイしています。 [ゲーム]


パタポン3

パタポン3



PSP用ゲーム「パタポン2」をプレイしています。

数ヶ月前にPlayStation Networkがサイバー攻撃にあい、その修復と安全確保のためにしばらくアクセス出来ませんでした。

そしてついこの間復活したわけですが、しばらくアクセス出来なかったお詫びにいくつかのゲームタイトルを無料でダウンロード出来るようになりました。

その中に「パタポン2」があったので、無料だったらやってみようと思ったわけです。

音ゲーというのは知っていたのですが、どのようなシステムかはプレイするまで全く知りませんでした。

そしてLet's play!!です。

決められたパターンのボタンを4回押すと、パタポン達に1つのアクションの指示を与えることが出来るシステムです。

アクションは移動や攻撃・防御と数は多くありません。

あとは状況に応じてパタポン達が考えて行動してくれます。

でも最初、パタポンたちを横に移動させるのに10分位かかってしまいました。

ボタンを押すタイミングがいまいちよく分からず、失敗する度に説明デモに入ってしまう(しかもスキップ出来ない)ので途中投げそうになりました。

でもどうにかコツをつかんで移動出来るようになると、あとは簡単でした。

そしていざ冒険が始まるとこのゲームの面白さにハマってしまいました。

まず世界観が大好きです\(^o^)/

象徴的であり幻想的であり、この世界の「かみさま」になっていろんな情景を見るのがすごく楽しいんです。

また音ゲーといいながらRPG要素を多く含んでおり、パタポン達の装備や成長のシステムがあったりします。

成長は一定のお金やアイテムがないと出来ないため、それを取りに狩りに出かけていったりと、モーハンのような要素もあったりします。

ボス戦もあるし、イベントもあるし、意外とボリュームがあります。

今だったら無料で出来るので、まだやったことがない人はお勧めですよ~( ̄▽ ̄)
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。